Tuesday, May 01, 2007

daisy


daisy, originally uploaded by takekazu.

デイジーだと思うのですが、花弁が管状になっていてあまり見かけない形状です。

これだけ、画面に白が多いとポジでは露出補整が必要ですが、10DでRAW撮影した場合、ほぼTTL露出計通りでRAW現像時に修正という手順で行るようです。いままでの習慣で、ちょこちょこ露出を弄ってしまいましたが、必要なのかどうかは良くわかっていません。
RAWデータには情報がありJPEGにするときに選んでいるとすると・・・
いままで、デジカメがラチュードが狭いと思っていたけど、デジカメの画像素子の問題ではなく、現在のデジタル画像データの再現環境が、8bit RBGにしか対応できていないのが問題なのでしょうか?

そうなると根が深い問題となり、デジカメメーカーだけでは、解決することができないことになります。

Canon EOS 10D, Micro-NIKKOR-P Auto 55mm F3.5

Post a Comment