Wednesday, February 02, 2011

LUMIX DMC-GF1 雑感

Black-headed Gull - winter plumage
LUMIX DMC-GF1 購入から1ヶ月ほど、最近EOS 10Dは出番が無いほどよく使っている。

  1. ホワイトバランスは、EOSに負ける。
  2. 軽くて、小さい。毎日もって歩ける。
  3. キットレンズの20mm F1.7の出来が良い。
  4. FD、Lが着くのは凄い。まだ使ったことが無い手持ちレンズがある。
  5. シャッター音が結構大きい
  6. RAWで連射すると直ぐバッファーがいっぱいになる。書き込みが遅い(SDが遅いから?)
  7. ダイヤルがもう一つ欲しい。ダイヤル1つは操作的に無理がある気がする。
  8. ピント位置の変更が面倒。操作が多い。
  9. AFは20mmでも結構早いが、子どもが動くと厳しい。
  10. アクセサリーが高い、CPL、レリーズ、バッテリーなど
  11. Canon から、Panasonic にかわったら、撮影後のワークフローが乱れた。現在、Aperture3 を試用中

手軽に使えて写りも良くレンズでも遊べる、非常に良いカメラだ。

フォーザーズにコントラストAFのためにマイクロフォーサーズに追加された2ピンの内容を調べていたら。
「ボディが欲しいときにレンズにいつでも頂戴!と言えるように1ピンを追加したんです」
「今後の拡張のために 1ピン置いてあるんです」という風に書いてある記事があった。
http://www.digi-came.com/jp/modules/interview5/index.php?id=26

ボディから、レンズへ割り込みを掛けるための信号ピンということだろうか。
Post a Comment