Sunday, December 26, 2010

Canon FL 55mm F1.2

paper lantern

GF1に、Canon FL 55mm F1.2
を付けて使ってみた。レンズだけで480gほどある。GF1本体が285g、20mmレンズ、バッテリー等込みで442gとなっているので、レンズだけでかなり重い。「像面湾曲や開放時のフレア除去に設計上の困難が伴った」とあるので、当時(1968年)としてF1.2はかなり頑張ったのだろう。
当時Canonは、ペリクルミラーを載せたCanon Pellixを一眼レフラインで展開しており、他社のF1.4クラスの標準レンズを搭載した機種に対応するためには無理しても必要なレンズだったと思われる。

今回開放で撮ってみたがけっこうちゃんと映る。4/3だからかもしれないが、周辺部の崩れも気になるほどではないし、ボケもうるさいと感じるほど悪くはない。

気に入ったので、いろいろ使ってみようと思う。

Canon Camera Museum Canon ペレックス
Wikipedia Canon Pellix
Post a Comment